藤沢男声合唱団とは

藤沢男声合唱団は、神奈川県藤沢市内で活動するアマチュアの男声合唱団です。定期演奏会をはじめとする主催公演のほか、藤沢市民オペラやトワイライトコンサートなど、藤沢市の文化活動にも積極的に参加しています。

(2015年7月20日 第26回定期演奏会)
全国的にも有名な藤沢市民オペラの男声部を担うべく、故福永陽一郎先生の呼び掛けで1980年に発足。1980年の「カルメン」以降、藤沢市民オペラの中心的な団体として30年以上にわたって連続出場を果たしています。また、合唱団独自の活動としては、毎年の定期演奏会をはじめとした自主公演を数多く行うほか、北米、ドイツ、英国、中国、タイへの演奏旅行を実施しています。1999年からは故畑中良輔先生のご指導を受け、大いに飛躍を果たしました。現在は常任指揮者の吉川貴洋先生のもと、団員数約60名で毎週日曜日夜に定期練習を行い、本格的な男声合唱を楽しんでいます。
過去の演奏記録(動画)
2016年6月第27回定期演奏会 「わがふるき日のうた」より Enfance finie 郷愁 鐘鳴りぬ
「ヨハン・シュトラウス名曲集」より こうもりメドレー 美しく碧きドナウ
「チャイコフスキー歌曲集」より ドンファンのセレナーデ
2015年7月第26回定期演奏会
「サウンド・オブ・ミュージック」より 朝の讃美歌
2015年7月第26回定期演奏会
「季節へのまなざし」より「ゆめみる」
常任指揮者: 吉川 貴洋
 Resident Conductor:Takahiro Yoshikawa

神奈川県生まれ。慶應義塾大学理工学部を経て、同大学大学院理工学研究科修了。2003年まで松下電器産業株式会社に勤務した後、指揮者として活動を始める。7歳より合唱を始め、11歳のときには東京室内歌劇場「アマールと夜の訪問者」(栗山昌良演出)のアマール役として出演。大学在学中より畑中良輔氏の下で研鑽を積み、慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団、同OB合唱団等を指揮し好評を得る。現在は慶應ワグネルのほか、藤沢男声合唱団・パイオニア合唱団・伊藤忠商事コーラス部・水曜会・女声合唱団湘南の風等、多くの団体で指揮・指導を行っている。その指導法は、発声の基本を軸に、豊かなハーモニーを目指したものとして各団体から大いに支持されている。藤沢男声合唱団には1999年から参加、故畑中良輔氏より発声指導や音楽作りを一任され、現在、常任指揮者を務める。また藤沢市ではモーツァルトイヤー特別公演「魔笛」をはじめ、2008年「メリー・ウィドウ」やオペラ・ガラコンサート、湘南台トワイライトコンサート2009、2010年には「カヴァレリア・ルスティカーナ」「パリアッチ」の合唱指揮等を務めるなど、活動の幅を広げている。指揮法を故北村協一氏に師事。
ピアニスト: 黒澤 美雪
 Pianist: Miyuki Kurosawa

東京芸術大学ピアノ科卒業。国際ロータリー財団奨学生として、オーストリア・ザルツブルグのモーツァルテウム音楽大学に留学。東京文化会館、NHK洋楽オーディションに合格、マリアカナルス国際コンクールディプロム受賞。独奏・伴奏の他、合唱では藤沢男声合唱団、湘南市民コール、新声会合唱団、同志社大学グリークラブなど多数の団体と共演。藤沢では、市民オペラの音楽スタッフとして「アイーダ」以来全演目に参加、オペラ・ガラコンサート、湘南台トワイライトコンサートなど多くの公演に出演し、その活動を支えている。藤沢男声定演には2001年以来毎年出演。故畑中良輔氏とも2006年の第17回定演のほか、度々共演してきた。藤男には欠かすことのできない存在であり、歌を引き立たせる感性豊かな演奏は団員からの絶大な支持を得ている。
団員指揮者
平尾 啓
お問い合わせ先
伊豆原 takashi.izuhara☆nifty.com

(注)メールを送信いただく際は、「☆」を「@」に変えてください。